小物でマタニティフォトをおしゃれに!花やメッセージなどおすすめアイテムを紹介

初回公開日:2022年03月01日

更新日:2022年04月15日

記載されている内容は2022年03月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

おしゃれなマタニティフォトを撮影したいと思っている方も多いのではないでしょうか。そこで、この記事ではマタニティフォトにおすすめの小物や、服装、ポーズなどをご紹介します。記事の内容を参考に小物でマタニティフォトをおしゃれにしましょう。

小物でマタニティフォトをおしゃれに!花やメッセージなどおすすめアイテムを紹介
小物でマタニティフォトをおしゃれに!花やメッセージなどおすすめアイテムを紹介

マタニティフォトをおしゃれにしてくれる小物

素敵な衣装を着て撮影すれば素敵なマタニティフォトを撮ることができます。しかし、衣装だけでは物足りず、もっとおしゃれなマタニティフォトにしたいと感じる場合には、おしゃれな小物を取り入れましょう。

マタニティフォトをおしゃれにしてくれる小物には、ガーランドやサッシュベルト、エコー写真などさまざまなものがあります。

オシャレな小物を取り入れて、一生の思い出になる素敵なマタニティフォトを撮影しましょう。

マタニティフォトを撮る意味

マタニティフォトは赤ちゃんのいる大きなお腹の姿を記念に残すものです。マタニティフォトを撮ることでお腹に赤ちゃんがいる幸せな思い出を残すことができるだけでなく、お腹の中にいる赤ちゃんとの初めての写真を残すことができます。

成長した赤ちゃんが写真を見たときに、自分が生まれる前からどれだけ愛されていたかを知ることができるのもマタニティフォトの魅力と言えるでしょう。

撮影をする時期

マタニティフォトを撮影する時期は、お腹が大きくなる妊娠7カ月頃から9カ月頃がおすすめです。

お腹が大きければ大きいほど、マタニティフォトらしい写真が撮れます。しかし臨月まで待つとママの負担が増えたり、赤ちゃんが予定日より早く生まれて撮影できなくなってしまったりする可能性があります。

そのため、臨月になるまでに撮影をするようにしましょう。

撮影をする場所

マタニティフォトはスタジオ撮影やロケーション撮影だけでなく、自宅で撮影することもできます。

公園や思い出の場所で撮影すれば上の子供がいる場合にも、子供の自然な表情を引き出すことができるでしょう。また、自宅で撮影すれば天候や体調を気にせず、リラックスした雰囲気で撮影に臨むことができます。

撮影する場所によって写真の雰囲気も変わるため、撮りたい写真の雰囲気によって撮影場所を選びましょう。

マタニティフォトにおすすめの小物アイテム

よりおしゃれなマタニティフォトを撮影するためには、小物アイテムを使用するのがおすすめです。

ここからはマタニティフォトにおすすめの小物アイテムについて紹介します。マタニティフォトをおしゃれにしたいという方は是非参考にしてみてください。

  • レターボードやミニ黒板に書いた「メッセージ」
  • 写真が華やぐ「花」
  • お腹を彩る「サッシュベルト」
  • ガーランドとしても活用できる「糸電話」
  • 置くだけでおしゃれに見える「英字のオブジェ」
  • 可愛らしい雰囲気になる「ぬいぐるみ」
  • 保存もできる「赤ちゃんのエコー写真」
  • 待っている気持ちが伝わる「赤ちゃんの洋服や靴」
  • お腹に絵を描く「マタニティペイント(ベリーペイント)」

レターボードやミニ黒板に書いた「メッセージ」

レターボードやミニ黒板に生まれてくる赤ちゃんへのメッセージを書いて撮影するのもおすすめです。

赤ちゃんへのメッセージを書いて撮影することで、パパとママが赤ちゃんの誕生をどれほど心待ちにしているかが伝わる愛情深い写真になるでしょう。

また、レターボードやミニ黒板に妊娠周期などを書いて撮影するのもおすすめです。

写真が華やぐ「花」

花を使えばマタニティフォトが華やかな雰囲気になるためおすすめです。ブーケを持って撮影するだけで映える写真を撮ることができます。

また、ブーケだけでなく花冠とコーディネートしてもやわらかな雰囲気の素敵な写真に仕上がるでしょう。

花冠はヘッドアクセサリーとして使用するだけでなく、寝転んでお腹の上に置いて撮影するのもおすすめです。

お腹を彩る「サッシュベルト」

結んで長さを調節できるサッシュベルトもおすすめの小物です。サッシュベルトをお腹に巻いて撮影すれば、お腹を出すことに抵抗のある場合でもお腹を隠しながら優しい雰囲気の写真を撮影することができます。

サッシュベルトは好みの色のリボンを使って自作することも可能です。好みのリボンに花やビーズなどでデコレーションしてオリジナルのサッシュベルトを作ってみましょう。

自作のサッシュベルトを使ってマタニティフォトを撮影すれば、思い出深い写真になります。

ガーランドとしても活用できる「糸電話」

糸電話を使ってお腹の中の赤ちゃんに話しかけている写真を撮るのもおすすめです。糸電話で話しかけている様子を撮影すれば、自然な表情でやわらかい雰囲気のマタニティフォトに仕上がります。

また、糸電話は紙コップと糸があれば自作できるため、糸電話の糸を利用してガーランドとして活用するのも良いでしょう。

置くだけでおしゃれに見える「英字のオブジェ」

英字のオブジェは置くだけでおしゃれな雰囲気のマタニティフォトになるためおすすめです。赤ちゃんの名前がすでに決まっている場合には、赤ちゃんの名前を英字のオブジェで綴るのも良いでしょう。

英字のオブジェはアイアン製のものや、木製のものなど、さまざまな素材のものがあり、デザインも豊富なため、自分好みのオブジェを探して使用するのがおすすめです。

英字のオブジェは100円ショップでも手に入るため、簡単に取り入れることができるのも嬉しいポイントと言えます。

可愛らしい雰囲気になる「ぬいぐるみ」

ぬいぐるみを小物として使うことで可愛らしい雰囲気のマタニティフォトに仕上げることができます。

とくに、うさぎのぬいぐるみは可愛いだけでなく、繁栄や幸福の象徴と言われているため縁起が良くおすすめです。

お腹にぬいぐるみをのせたり、寄り添うようにしたりして撮影すると可愛い写真が撮れるでしょう。

保存もできる「赤ちゃんのエコー写真」

赤ちゃんのエコー写真と一緒に撮影すると、後から見返したときに感慨深いマタニティフォトになります。複数のエコー写真をガーランドのようにして、お腹の赤ちゃんの成長を残すのも素敵でしょう。

赤ちゃんのエコー写真は時間の経過とともに劣化して見えにくくなってしまう可能性があります。

マタニティフォトとしてエコー写真を残すことで、エコー写真を綺麗に保存することもできるためおすすめです。

待っている気持ちが伝わる「赤ちゃんの洋服や靴」

これから生まれる赤ちゃんの洋服や靴と一緒に撮影すると、赤ちゃんの誕生を楽しみに待っている気持ちが伝わる写真になるためおすすめです。

赤ちゃんの小さな靴をお腹に寄せて撮ったり、寝転んでお腹の上に靴をのせて撮ったりすると、愛情を感じることができる優しい雰囲気のマタニティフォトになるでしょう。

お腹に絵を描く「マタニティペイント(ベリーペイント)」

マタニティペイントとは赤ちゃんのいる大きなお腹に絵を描くことで、海外では安産を願って行われます。マタニティペイントをして写真を撮ればおしゃれなマタニティフォトになるでしょう。

花やハートを描いたものや、赤ちゃんを描いたものなど、自分好みのデザインでマタニティペイントを楽しんでみてください。

マタニティペイントはプロに頼む他にも、自分で描いたり、マタニティペイントシールを使ったりして行うことができます。

マタニティフォトにおすすめの服装

マタニティフォトを撮る際に気になるのが服装です。どのような服装で撮影するとおしゃれなマタニティフォトが撮れるのか悩む方も多いのではないでしょうか。

ここではマタニティフォトにおすすめの服装について見ていきます。

  • 夫婦で揃えやすい「白Tシャツとジーンズ」
  • 優しい雰囲気になる「シャツワンピース」
  • お腹のフォルムがわかりやすい「ニットワンピース」
  • キュートな印象になる「総柄のパジャマ」
  • カジュアルな雰囲気になる「パーカー」
  • お腹がしっかり見える「ブラトップ・チューブトップ」

夫婦で揃えやすい「白Tシャツとジーンズ」

飾らない自然な雰囲気の白Tシャツとジーンズで夫婦一緒に撮影するのもおすすめです。白Tシャツとジーンズなら夫婦で揃えやすく、シンプルで統一感が出るためおしゃれなマタニティフォトになるでしょう。

上に子供がいる場合には親子でお揃いのコーディネートをして撮影するのもおすすめです。ジーンズはスキニージーンズにするとお腹のシルエットを強調することができます。

優しい雰囲気になる「シャツワンピース」

優しい雰囲気になるシャツワンピースもマタニティフォトを撮る際の服装としておすすめです。

清楚な感じのものやカジュアルな感じのものなど、さまざまなデザインがあるため、撮影したいイメージに合わせて選びましょう。

シャツワンピースのボタンがお腹周りまであるものの場合、お腹が大きいと着られない可能性もあるため注意してください。

お腹のフォルムがわかりやすい「ニットワンピース」

マタニティフォトにはお腹のフォルムがわかりやすいニットワンピースもおすすめです。ニットワンピースはフィット感があるためお腹の大きさがよくわかり、お腹を強調した写真を撮ることができます。

お腹を出すことなく写真を撮ることができるため、撮影中の冷えが気になる方にもおすすめです。

タートルネックのニットワンピースを選べばさらに体の冷えを抑えることができるでしょう。

キュートな印象になる「総柄のパジャマ」

総柄のパジャマを着て撮影するとキュートな印象のマタニティフォトに仕上がります。夫婦でお揃いの総柄パジャマを着て撮影すれば、夫婦の仲の良さも伝わる素敵な写真になるでしょう。

絵柄が大きなパジャマを選べば、写真映えするためおすすめです。夫婦でお揃いの総柄パジャマを着て、リラックスした雰囲気のキュートなマタニティフォトを撮影してみるのはいかがでしょうか。

カジュアルな雰囲気になる「パーカー」

パーカーを着用して、カジュアルな雰囲気のマタニティフォトを撮影するのもおすすめです。

マタニティフォトと言うとフェミニンな印象を抱きがちですが、パーカーを着用することで一般的なマタニティフォトとは一味違う、元気でカジュアルな印象のマタニティフォトになるでしょう。

鮮やかなカラーのパーカーを着用したり、小物を使ったりしてオリジナリティのある1枚を撮影してみるのもおすすめです。

お腹がしっかり見える「ブラトップ・チューブトップ」

ブラトップやチューブトップはお腹がしっかりと見え、お腹を強調することができるため、マタニティペイントを見せたい場合におすすめの衣装です。

ブラトップやチューブトップには華やかなレースのものやカジュアルなデニムのものなど、さまざまな素材やデザインのものがあるため、好みのものを選んで着用しましょう。

小物や衣装以外でマタニティフォトをおしゃれにするには

ここまで、マタニティフォトをおしゃれに見せるおすすめの小物や衣装について紹介しました。

ここからは、小物や衣装以外でマタニティフォトをおしゃれにするアイデアについて見ていきましょう。

シルエットを撮影する

小物や衣装以外でおしゃれなマタニティフォトにする方法として、シルエットを撮影するというものがあります。

シルエットを撮影すると、白と黒のコントラストでお腹のふくらみが強調された神秘的な雰囲気の写真を撮ることができるでしょう。

また、逆光を使ってシルエットを撮影する方法も人気があり、おすすめです。シルエットでお腹の美しい曲線を見せるマタニティフォトを撮ってみてはいかがでしょうか。

モノクロ加工をする

モノクロ加工をすると、それだけでおしゃれな雰囲気の写真になるためおすすめです。同じ写真でもカラーとモノクロでは全く雰囲気の異なる仕上がりになります。

マタニティフォトをモノクロ加工することで、シックで趣のある雰囲気の写真になり、カラー写真とは一味違う味わい深い仕上がりを楽しむことができるでしょう。

夫婦の定番ポーズ

マタニティフォトは夫婦で撮ると、赤ちゃんの誕生を楽しみにしていることが伝わる素敵な写真になります。

ここでは夫婦でマタニティフォトを撮影する際の定番ポーズを見ていきましょう。

お揃いのポーズをする

夫婦2人でお揃いのポーズをするのも夫婦の定番ポーズの1つです。お腹の大きなママがお腹を出しているのに合わせて、パパも同じようにお腹を出して撮影することで夫婦の仲の良さが伝わるマタニティフォトになります。

白Tシャツにジーパンなど2人でお揃いの衣装を着てお揃いのポーズをすれば、さらに素敵な写真になるでしょう。

お腹に話しかけてもらう

お腹に話しかけてもらうのも夫婦で撮るマタニティフォトの定番ポーズの1つです。大きなお腹に向かってパパに話しかけてもらえば、ママだけでなくパパも赤ちゃんの誕生を楽しみにしていることが伝わるやわらかい雰囲気の写真になるでしょう。

赤ちゃんが大きくなって写真を見たときに、愛情が伝わるマタニティフォトになるためおすすめです。

お腹に手を当ててもらう

お腹に手を当ててもらって撮影するのもおすすめです。2人で一緒にお腹に手を当てて撮影すれば、2人の愛情が感じられる優しい雰囲気の写真になるでしょう。

また、後ろからそっと抱きしめるようにお腹を支えてもらうポーズも夫婦でできるポーズとして人気があります。

後ろからハートマークを作ってもらう

後ろからハートマークを作ってもらうポーズも夫婦の定番ポーズです。後ろから抱きしめるようにして、お腹の真ん中で2人でハートマークを作るとおしゃれな雰囲気のマタニティフォトになります。

このポーズではお腹がメインになり、手とお腹だけを撮影しても素敵な写真になるため、写真が苦手な方にもおすすめです。

2人でハートマークを作れば、お腹の赤ちゃんへの愛情も伝わる素敵な写真になるでしょう。

家族の定番ポーズ

お腹の赤ちゃんにお兄ちゃんやお姉ちゃんがいる場合には、家族でマタニティフォトを撮影するのもおすすめです。家族で撮影すれば賑やかで素敵なマタニティフォトになるでしょう。

ここでは、家族の定番ポーズをご紹介するため、家族でマタニティフォトを撮影しようと考えている方は是非参考にしてみてください。

上の子にお腹に顔を近づけてもらう

上の子と一緒にマタニティフォトを撮影する際は、上の子にお腹に顔を近づけてもらうポーズがおすすめです。

お腹にキスをしてもらったり、ハグをしてもらったりすれば可愛らしいマタニティフォトになるでしょう。

また、上の子にお腹を近づけてもらって撮影することで、上の子も赤ちゃんの誕生を楽しみにしている様子が伝わる素敵な写真に仕上がります。ママとお揃いの衣装で撮影すれば、より可愛くなるでしょう。

みんなでお腹に手を添える

家族みんなでお腹に手を添えて撮影するのも家族の定番ポーズです。みんなでお腹に手を添えて撮影すれば、家族みんなが新しい赤ちゃんの誕生を楽しみにしている様子が伝わる素敵なマタニティフォトになるでしょう。

家族みんなでお揃いのコーディネートをすれば、家族の仲の良さも伝わる写真になります。白Tシャツとジーパンならお揃いのコーディネートにしやすくおすすめです。

ひとりの定番ポーズ

ひとりでマタニティフォトを撮影するときは、とくにポーズが気になるという方も多いのではないでしょうか。

ここでは、ひとりの定番ポーズを紹介するため、迷ったときは是非参考にしてみてください。

お腹をアップにする

ひとりでマタニティフォトを撮影する場合、お腹をアップにするポーズが人気です。お腹をアップにして撮影する場合には、お腹にアイテムを付けたり、マタニティペイントを施したりして撮影すると良いでしょう。

たくさんの花でデコレーションしたサッシュベルトを巻いて撮影すると、華やかな雰囲気のマタニティフォトになります。

また、お腹を下から支えるように手を添えるとお腹を強調することができておすすめです。

お腹に優しく触れる

お腹に優しく触れるのは、ひとりで撮影するマタニティフォトの定番ポーズです。お腹の下から支えるようにして優しく触れると、お腹のふくらみを強調することができます。

また、正面から撮影するとお腹のふくらみがわかりにくいため、体の向きを少し横に向けてお腹のふくらみをわかりやすくして撮影するのがおすすめです。

お腹に優しく触れて撮影すれば、お腹の赤ちゃんへの愛情が伝わる素敵なマタニティフォトになるでしょう。

セルフマタニティフォトを撮影するときのポイント

マタニティフォトを自分でうまく撮影するためにはいくつかのポイントがあります。そこで、ここではセルフマタニティフォトを撮影するときのポイントについて見ていきましょう。

  • 生活感に配慮する
  • 自然の光を取り入れる
  • 三脚や自撮り棒を活用する

生活感に配慮する

セルフマタニティフォトを撮影する際には、背景にこだわり、生活感が出ないよう配慮するのが大切なポイントです。

100円ショップなどで手に入れることができる壁紙などを利用して、撮影するときに写る壁紙を変えてみましょう。

また、背景セットに壁紙だけでなくレースのカーテンを吊り下げれば生活感が抑えられ、本格的なマタニティフォトを撮影することができます。

自然の光を取り入れる

自然の光をうまく取り入れて素敵なマタニティフォトを撮影しましょう。自宅で撮影する場合には光がたくさん入る部屋を選び、午前中から昼間に撮影するのがおすすめです。

夕日もきれいですが、自分できれいなマタニティフォトを撮影するなら午前中から昼間の白い光を取り入れる方が良いでしょう。

また、外で撮影する場合には日中から夕方にかけての撮影がおすすめです。夕日を取り入れて撮影することで味のある写真を撮影することができるでしょう。

三脚や自撮り棒を活用する

一眼レフなどの本格的なカメラを使用して、セルフマタニティフォトを撮影する場合に欠かせないのが三脚です。

しっかりとした三脚を使って撮影すれば、安定した構図でマタニティフォトを撮影することができます。

また、一眼レフがなくスマートフォンで撮影する場合には、自撮り棒を活用するのがおすすめです。手元でシャッターを押せるものを選べば、スマートフォンを使って簡単にマタニティフォトを撮影できるでしょう。

小物を活用しておしゃれなマタニティフォトを撮ろう

マタニティフォトは人生の限られた時期にだけ撮影できる特別な写真です。貴重な時期を素敵な写真にして残しておけば、ママにとっても赤ちゃんにとっても大切な宝物になるでしょう。

この記事で紹介した内容を参考に、マタニティフォトにおすすめの小物を活用して、おしゃれなマタニティフォトを撮影してください。

Article bottom banner pc
RELATED
子供の脳や体の成長のために必要な食べ物とは?おすすめの食材を紹介
マタニティ婚
2022年03月01日

子供の脳や体の成長のために必要な食べ物とは?おすすめの食材を紹介

赤ちゃんが突然入院になったらどうする?必要なものやポイントなどを紹介
マタニティ婚
2022年03月01日

赤ちゃんが突然入院になったらどうする?必要なものやポイントなどを紹介

マタニティフォト撮影はいつがいい?おすすめのポーズや人気のアイディアをご紹介
マタニティ婚
2022年04月15日

マタニティフォト撮影はいつがいい?おすすめのポーズや人気のアイディアをご紹介

マタニティフォトの衣装はどうすればいいの?選び方やコーデのポイントを紹介
マタニティ婚
2022年04月15日

マタニティフォトの衣装はどうすればいいの?選び方やコーデのポイントを紹介

冬のマタニティフォトはどこで撮影する?おすすめの衣装も紹介!
マタニティ婚
2022年04月15日

冬のマタニティフォトはどこで撮影する?おすすめの衣装も紹介!

自宅でマタニティフォトを撮影する方法は?上手に撮るコツもあわせて紹介
マタニティ婚
2022年04月15日

自宅でマタニティフォトを撮影する方法は?上手に撮るコツもあわせて紹介

沖縄でフォトウェディングを撮るには?おすすめのロケーションやスタジオを紹介
マタニティ婚
2022年04月15日

沖縄でフォトウェディングを撮るには?おすすめのロケーションやスタジオを紹介

フォトウェディングができる千葉のフォトスタジオ9選|おすすめのロケーションは?
マタニティ婚
2022年04月15日

フォトウェディングができる千葉のフォトスタジオ9選|おすすめのロケーションは?

那須周辺でおすすめのフォトウェディングスタジオ!フォトスポットも紹介
マタニティ婚
2022年04月15日

那須周辺でおすすめのフォトウェディングスタジオ!フォトスポットも紹介

マタニティフォトにおすすめの東京都内スタジオ11選|選び方のポイントも紹介
マタニティ婚
2022年04月15日

マタニティフォトにおすすめの東京都内スタジオ11選|選び方のポイントも紹介

マタニティフォトを家族や兄弟で撮影したい!撮影する魅力やおすすめのポーズ
マタニティ婚
2022年04月15日

マタニティフォトを家族や兄弟で撮影したい!撮影する魅力やおすすめのポーズ

マタニティフォトを撮影するならこのスタジオで決まり!おすすめ11選と選び方
マタニティ婚
2022年04月15日

マタニティフォトを撮影するならこのスタジオで決まり!おすすめ11選と選び方

おしゃれなフォトウェディングにするには?ロケーションやアイテムにもこだわろう
マタニティ婚
2022年04月15日

おしゃれなフォトウェディングにするには?ロケーションやアイテムにもこだわろう

夫婦で撮るマタニティフォトのおすすめポーズ|衣装の選び方も解説
マタニティ婚
2022年04月15日

夫婦で撮るマタニティフォトのおすすめポーズ|衣装の選び方も解説

横浜のおすすめフォトウェディングスタジオ16選|ロケーションスポットも紹介
マタニティ婚
2022年04月15日

横浜のおすすめフォトウェディングスタジオ16選|ロケーションスポットも紹介

名古屋のおすすめフォトウェディングスタジオ27選|行う際のポイントも紹介
マタニティ婚
2022年04月15日

名古屋のおすすめフォトウェディングスタジオ27選|行う際のポイントも紹介

フォトウェディングができる軽井沢周辺のおすすめ施設10選!おすすめの時期は?
マタニティ婚
2022年04月15日

フォトウェディングができる軽井沢周辺のおすすめ施設10選!おすすめの時期は?

【専門家監修】陣痛が遠のくのはどうして?原因とその際の対処方法も併せて紹介
マタニティ婚
2022年08月10日

【専門家監修】陣痛が遠のくのはどうして?原因とその際の対処方法も併せて紹介

【専門家監修】妊娠がわかるときに見られる特徴は?妊娠初期に気を付ける点も紹介
マタニティ婚
2022年08月10日

【専門家監修】妊娠がわかるときに見られる特徴は?妊娠初期に気を付ける点も紹介

【専門家監修】赤ちゃんのお腹に効果的なマッサージ|便秘で受診するタイミングも紹介
マタニティ婚
2022年08月10日

【専門家監修】赤ちゃんのお腹に効果的なマッサージ|便秘で受診するタイミングも紹介