赤ちゃんの温泉デビューの前に確認すること6つ!温泉に入れるときの注意点

初回公開日:2020年07月28日

更新日:2020年07月18日

記載されている内容は2020年07月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

家族全員で温泉旅行をしたいけれど、赤ちゃんは温泉に入っても良いの?と心配しているパパ・ママも少なくないでしょう。泉質や温度などに気をつければ、赤ちゃんも温泉に入れます。今回は温泉デビューを考えている時に気をつけたいポイントや注意事項などをまとめてみました。

赤ちゃんの温泉デビューの前に確認すること6つ!温泉に入れるときの注意点

赤ちゃんの温泉デビューはいろいろ心配!

気分転換をかねて家族旅行を考えている時に、真っ先に思いつくのがのんびりくつろげる温泉ではないでしょうか。しかし赤ちゃんがいる家庭では、温泉デビューを本当にさせて良いのかなど心配はつきません。

赤ちゃんの温泉デビューのタイミングや、気をつけなければならないこと、温泉施設選びのポイントなどを紹介します。家族旅行を考えているパパ・ママはぜひ参考にしてみてください。

赤ちゃんの温泉デビューの前に確認すること6つ

赤ちゃんの温泉デビューを考えている際に確認しておきたいポイントを絞ってみました。大人だけの温泉旅行では気にならなかったことも、赤ちゃんと一緒だと変わってきます。

施設のホームページに記載されていることも多いので、予約前に確認しておきましょう。

デビューの前に確認すること1:温泉が可能な赤ちゃんの適齢

基本的に赤ちゃんが初めて温泉に入る時の適齢はありません。一般的には、1歳半前後に温泉デビューを考えているパパ・ママが多いようです。

泉質や温泉の温度などに配慮すれば、沐浴ができるようになる月齢から入ることもできます。しかしパパ・ママや赤ちゃんの負担を考えると、少なくとも1歳以上になってからが良いでしょう。

デビューの前に確認すること2:温泉の温度は大丈夫?

赤ちゃんはのぼせやすいため、温泉の温度に気をつけなければなりません。大人にとっては少しぬるく感じてしまう38度くらいが、ちょうどよい温度と言われています。

源泉かけ流し温泉など、時期によって温度に差が出てきてしまうところは事前に確認することが大切です。温泉が熱いからといって、水を足すことはマナー違反になることもあるのでやってはいけません。

デビューの前に確認すること3:泉質を確認

赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、泉質にも注意をしなければなりません。温泉施設には泉質が表示されているので、必ず確認をしておきましょう。

赤ちゃんと温泉を楽しむ際に適している泉質は、単純泉です。大人でも刺激を感じるのはもちろんのこと、硫黄臭がする温泉などは赤ちゃんの温泉デビューには向かないでしょう。

デビューの前に確認すること4:オムツNGではないか

赤ちゃんの温泉デビューの際に確認しておかなければならないのが、施設側がオムツNGではないかということです。施設によってはオムツが外れていない子供は、温泉入浴をNGとしている場合があります。

温泉を楽しみにしていても、着いた時に入れなかったことを知ると気分も滅入ってしまうので、パパ・ママが旅行を楽しむためにもしっかりチェックしておきましょう。施設によっては年齢制限を設けている場所もあります。

デビューの前に確認すること5:入浴時間を決めよう

赤ちゃんが温泉デビューをする際は、入浴時間にも注意が必要です。どんなにぬるめの温泉でも、体の小さい赤ちゃんはすぐにのぼせてしまいます。

パパ・ママからすると、久しぶりの温泉をゆっくりと満喫したいと考えるかもしれませんが、赤ちゃんのペースに合わせることが大切です。

また温泉に入浴する時間も、できるだけ家に居る時と変わらないリズムにすると赤ちゃんへの負担も軽減できるでしょう。

デビューの前に確認すること6:赤ちゃんの入浴回数は?

大人なら温泉に行くと何度か湯浴みを満喫してしまいますが、赤ちゃんは1日に1度の入浴で十分です。家にいる時と同じタイミングで短時間で入り、赤ちゃんをリラックスさせてください。

温泉デビューで大切なのは、赤ちゃんのリズムに合わせてあげることです。もう少し温泉に入りたいなという時には、赤ちゃんが寝た後に家族で協力しながらのんびり温泉を満喫しましょう。

利便性がある温泉施設のおすすめな選び方3つ

赤ちゃんの温泉デビューで気をつけたいのが、施設選びです。次の3つのポイントに絞って施設選びをすると、快適な温泉デビューができます。

最近では赤ちゃんの温泉デビューを応援する施設や、ウェルカムベビーを謳っている施設もあるので積極的に利用しましょう。

おすすめな選び方1:ベビー用バス用品は付いているか

温泉デビューを考えている時の施設選びのポイントにしたいのが、ベビー用バス用品のレンタルの有無です。無くても温泉に入ることができる場合もありますが、あった方が安心して入浴できます。

赤ちゃんの体を洗う時や、温泉の温度に気をつけたい時などベビーバスがあった方がパパ・ママの負担が減ります。レンタルをしている施設もあるため、事前に確認しておきましょう。ベビーバスと共に、バスチェアがあると便利です。

持参する場合

施設にベビーバスが無い際には持参した方が良いです。今はベビーバスの種類もたくさんあります。エアータイプであれば使うときに空気を入れ、使用後に空気を抜けばコンパクトになるので持ち運びに便利です。

今、赤ちゃんが使っているボディソープなど使い慣れているものを持っていくようにしましょう。

まずは、利用しようと思っている施設にどんなベビー用品があるか確認をし、何が必要かを考えながら準備をしましょう。

おすすめな選び方2:貸切風呂が付いているか

貸切風呂や風呂付きの部屋がある施設かどうかも、温泉デビューを考えている時に確認しておきたいポイントです。どんなに準備を万全に整えていても、赤ちゃんがぐずってしまうと温泉もゆっくり楽しめません。

温泉付きの部屋を用意している施設もあるので、赤ちゃんの温泉デビューを考えている際には利用してみるのも良いでしょう。

家族みんなで入れるため、パパ・ママの負担も軽減できまするでしょう。

おすすめな選び方3:脱衣所にベビーベッドはあるか

温泉デビューをする際には、脱衣所にベビーベッドがあるかどうかも確認しておきましょう。このベビーベッドの有無で、お風呂あがりに服を着せる時の負担が減ります。

ベビーベッドがないと、ベンチや床に赤ちゃんを寝転ばせて服を着せなければなりません。またパパ・ママが服を着ている最中もかなり気を使ってしまいます。それらを考えると、ベビーベッドはマストといえるでしょう。

赤ちゃんを温泉に入れるときの注意点4つ

自宅で入浴するのとは違い、色々な人が利用する温泉施設ならではの気をつけなければならないポイントがあります。赤ちゃんが温泉デビューをする際の注意点は次のとおりです。

せっかくの温泉デビューを大変な思い出で終わらせてしまわないように、事前に確認しておきましょう。赤ちゃんはもちろんのこと、パパ・ママの安全にかかわるポイントばかりです。

注意点1:長湯は避ける

先述していますが、長湯は避けなければなりません。大人に比べると体も小さい赤ちゃんは、どんなに低い温度でものぼせやすいです。そして体の不調をその場で訴えることができません。

40度以下の温泉に、短い時間で終わらせるのがおすすめです。

注意点2:湯あがり前後は水分補給をする

赤ちゃんに限ったことではありませんが、温泉に入る前後の水分補給は行いましょう。初めての場所、見慣れない場所は赤ちゃんにとってストレスに感じてしまうことがあります。

温泉デビューならパパ・ママにとっても初めてのことばかりなので、できるだけ普通の環境を整えてあげることも大切です。宿についたら水分補給をしながらおやつを食べて、落ち着いてから温泉に向かうようにしましょう。

注意点3:抱っこをしながらの入浴は細心の注意を!

温泉デビューにあたりパパ・ママが気をつけたいポイントが滑りやすい床です。赤ちゃんを抱っこしながら浴場や脱衣所を歩くことが多いですが、実は油断すると転倒してしまう可能性があります。

赤ちゃんを抱いているときに転倒してしまうと、頭や腰を強打してしまいます。細心の注意を払って、温泉を楽しみましょう。泉質によっては床がぬるぬるになっている場合もあります。

注意点4:赤ちゃんのトイレは済ませよう

温泉に行く前には、必ず赤ちゃんのトイレは済ませておきましょう。排泄がコントロールできるようになるのは、1歳半からと言われています。

それまでは排泄の頻度は高いので、ベビーバスなどを利用した方が安心です。とは言っても、生理現象なので、トイレを済ませても絶対に大丈夫という保証はありません。万が一、浴場内で排泄をしてしまった場合には、施設側に申告するのがマナーです。

赤ちゃんの温泉デビューに向けて準備しよう

パパ・ママにとっても赤ちゃんの温泉デビューは楽しみなイベントのひとつです。気をつけなければならないポイントはいくつかありますが、赤ちゃん歓迎の施設も増えてきているので、積極的に利用しましょう。

今回紹介した確認ポイントや注意点をチェックしながら、温泉デビューが素敵な思い出となるようにしっかりと準備をしてくださいね。

Article bottom banner pc
RELATED
戌の日の安産祈願とは?安産祈願で参拝するときのポイント5つを紹介
マタニティ婚
2020年08月27日

戌の日の安産祈願とは?安産祈願で参拝するときのポイント5つを紹介

布おむつのメリット5つ|布おむつの基本的な使い方や準備3つをご紹介
マタニティ婚
2020年08月22日

布おむつのメリット5つ|布おむつの基本的な使い方や準備3つをご紹介

【ジャンル別】赤ちゃんが泣き止む音9選!音以外で泣き止ませる方法は?
マタニティ婚
2020年08月22日

【ジャンル別】赤ちゃんが泣き止む音9選!音以外で泣き止ませる方法は?

マタニティヨガとは?マタニティヨガのメリット11個とおすすめポーズ
マタニティ婚
2020年08月31日

マタニティヨガとは?マタニティヨガのメリット11個とおすすめポーズ

赤ちゃんのつかまり立ちのポイント6つ|つかまり立ちの練習の方法をご紹介
マタニティ婚
2020年08月22日

赤ちゃんのつかまり立ちのポイント6つ|つかまり立ちの練習の方法をご紹介

【時期別】赤ちゃんが離乳食を食べないときの対策9つ!食べてもらうコツ
マタニティ婚
2020年08月31日

【時期別】赤ちゃんが離乳食を食べないときの対策9つ!食べてもらうコツ

生後5ヶ月の赤ちゃんの動きや様子6つ|離乳食の始め方をご紹介!
マタニティ婚
2020年09月01日

生後5ヶ月の赤ちゃんの動きや様子6つ|離乳食の始め方をご紹介!

赤ちゃんの寝返りはいつ始まる?寝返り練習の手順5つをご紹介!
マタニティ婚
2020年08月27日

赤ちゃんの寝返りはいつ始まる?寝返り練習の手順5つをご紹介!

妊婦帯はいつからつける?妊婦帯の種類5つやおすすめ4選をご紹介
マタニティ婚
2020年08月27日

妊婦帯はいつからつける?妊婦帯の種類5つやおすすめ4選をご紹介

赤ちゃんにおすすめのホワイトノイズを使った睡眠アプリ8選|寝かしつける方法
マタニティ婚
2020年08月31日

赤ちゃんにおすすめのホワイトノイズを使った睡眠アプリ8選|寝かしつける方法

新生児のお風呂の入れ方9つのステップ!注意するポイントもご紹介
マタニティ婚
2020年08月31日

新生児のお風呂の入れ方9つのステップ!注意するポイントもご紹介

赤ちゃんの運動神経を良くするための方法6つ!運動神経の発達過程とは
マタニティ婚
2020年08月31日

赤ちゃんの運動神経を良くするための方法6つ!運動神経の発達過程とは

妊娠中に受けられる知っておきたい特典12選|特典を受けるための方法
マタニティ婚
2020年09月01日

妊娠中に受けられる知っておきたい特典12選|特典を受けるための方法

赤ちゃんに使用するタオル枕の作り方2つ!タオル枕を使用するメリット
マタニティ婚
2020年09月01日

赤ちゃんに使用するタオル枕の作り方2つ!タオル枕を使用するメリット

妊婦が旅行するときに持っていきたい持ち物10選|旅行先の選び方を解説
マタニティ婚
2020年08月31日

妊婦が旅行するときに持っていきたい持ち物10選|旅行先の選び方を解説

新生児期の赤ちゃんのレム睡眠サイクルについて解説!月齢別の睡眠の仕方5つ
マタニティ婚
2020年08月27日

新生児期の赤ちゃんのレム睡眠サイクルについて解説!月齢別の睡眠の仕方5つ

赤ちゃんをお風呂に入れる時間帯は?ポイント2つと時間帯を決めるコツ3つ
マタニティ婚
2020年08月27日

赤ちゃんをお風呂に入れる時間帯は?ポイント2つと時間帯を決めるコツ3つ

赤ちゃんのスプーン練習はいつから?3つの目安と練習方法4つを紹介
マタニティ婚
2020年08月27日

赤ちゃんのスプーン練習はいつから?3つの目安と練習方法4つを紹介

赤ちゃんと自転車に乗れるのはいつから?抱っこ紐など注意したい5つのポイント
マタニティ婚
2020年08月27日

赤ちゃんと自転車に乗れるのはいつから?抱っこ紐など注意したい5つのポイント

【年齢別】幼児の成長段階を解説!1歳~2歳の幼児の4つの成長段階は?
マタニティ婚
2020年08月31日

【年齢別】幼児の成長段階を解説!1歳~2歳の幼児の4つの成長段階は?

Fixed banner pc