【専門家監修】妊婦さんは犬を飼っても大丈夫?快適に過ごすためのポイント6つ

初回公開日:2020年09月01日

更新日:2021年09月15日

記載されている内容は2020年09月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

妊婦さんは犬を飼っても大丈夫なのでしょうか。この記事では、妊婦さんの犬との過ごし方や妊娠中気を付けてもらいたいこと、そして産後の赤ちゃんと犬との関係性などについても書いています。この記事を読んでぜひ参考にしてみてください。

【専門家監修】妊婦さんは犬を飼っても大丈夫?快適に過ごすためのポイント6つ

妊婦さんは犬を飼っても大丈夫?

犬などのペットを飼っていて妊娠すると、何に気を付けるべきか、何をしてはいけないのか、など心配が尽きないでしょう。果たして妊婦さんは犬を飼っても大丈夫なのでしょうか。

結論からいえば、きちんとした知識を身につけ、いくつかの注意事項を守れば妊婦さんでも安心して犬を飼うことができます。

ではどういったことに気を付けるべきか、注意点やポイントなどを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

犬と暮らす妊婦さんが注意したいこと2つ

犬との暮らしの中で妊婦さんに与える影響とは、どんなことが考えられるでしょうか。犬とのふれあいの中で噛まれることや、何らかの病気に感染することがあるかもしれません。

ここでは、注意すべきケガや感染症について詳しくご紹介します。

ケガ

犬の散歩中や犬にとびかかられた時、転倒して手や足をすりむいたり捻挫したり、打撲しないように注意が必要です。

犬の散歩に出かける時は転ばないように滑りどめ付きの靴を履いたり、室内犬の場合は距離を取ったりしましょう。

万が一、犬に噛まれた場合はすぐに傷口をよく洗い、様子を見ましょう。赤くはれたり膿んだりする場合は1度、病院で診てもらいましょう。

感染症

噛みつかれて不安なのは感染症にかかってしまうことです。そうならないためにも、ペットは普段からきちんとしつけて噛み癖をなくすことが重要です。

狂犬病は犬をはじめ猫や様々な野生動物が感染する病気ですが、狂犬病に感染してもお腹の赤ちゃんにはほとんど影響ないといわれています。しかし妊娠中のママが感染してしまうと、大変な思いをするので予防が大切です。

日本では犬を飼う時に狂犬病のワクチン接種が義務付けられているので、狂犬病のウイルスを持った犬は、国内では少ないといわれています。

トキソプラズマ症と猫

妊婦さんにとってもっとも心配な感染症がトキソプラズマ症です。これは、トキソプラズマ原虫を病原体とする人畜共通感染症で、妊娠中に初感染すると流産したり、お腹の赤ちゃんが先天性トキソプラズマ症にかかったりする恐れがあります。

ただし、動物からの感染は猫だけといわれており、犬からの感染はありません。しかし、このトキソプラズマは生肉からも感染するので、妊婦さんが生肉を食べるのは避けたほうがよいでしょう。

妊婦さんと犬が快適に過ごすためのポイント6つ

犬の毛の中にはダニやノミが、フンなどには雑菌がいます。妊娠すると免疫力が低下するので、いつも以上に色々なことが気になるでしょう。では、妊婦さんと犬が快適に過ごすためにはどうすればよいでしょうか。

犬ここからは、妊婦と犬の過ごし方を衛生面やお手入れの仕方、しつけなど6つのポイントに絞って紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

妊婦と犬の過ごし方のポイント1:衛生面に気をつける

まず気になるのが衛生面です。犬猫や鳥などの動物から、人へと感染する病気がいくつかあります。

犬の場合、唾液や排泄物には含まれませんが、トキソプラズマは土の中にいることがあります。散歩に出た犬の体に付着している可能性もあるので、家に帰ったら犬の体をふく、手を洗う、を心がけましょう。

妊婦と犬の過ごし方のポイント2:抜け毛対策をする

もしも犬アレルギーだった場合は、犬のフケ・唾液・尿などにアレルゲンが含まれているので注意が必要です。

症状や重症度によって対応は異なりますが、犬の毛にも唾液やフケが付いているので、定期的にシャンプー・ブラッシングをする必要があります。できれば週に1回シャンプーをし、ブラッシングは毎日行うようにしましょう。

抜け毛も気になるので、毛を短くカットする・こまめに掃除をするなどの対策をするとよいでしょう。

妊婦と犬の過ごし方のポイント3:口を舐めさせない

犬が顔を舐めてくることがありますが、犬は自分のおしりやおしっこを舐めることもあります。家の中で飼っている室内犬であっても、様々な菌や寄生虫を体内に持っていることでしょう。

ちなみに犬の約75%が口の中にパスツレラ菌という病原体を持っているといわれています。犬の口の中は決して清潔とはいえず、人に病気をうつしてしまう可能性は十分にあるわけです。

妊婦と犬の過ごし方のポイント4:同じ食器を使わない

上記でも紹介しましたが、犬の口の中は決して清潔とはいえません。犬はエサと一緒にお皿を舐めてしまうため、人と同じ食器は使わず犬用の食器を使うようにし、人用の食器から食べさせないようにする必要があります。

手の平にエサをおいて、おやつを上げた場合にもしっかりと手を洗って、清潔に保てるように心がけるとよいでしょう。

妊婦と犬の過ごし方のポイント5:しつけをする

犬と赤ちゃんとの関係性がスムーズにいくためにも、妊娠中からのしつけが大切です。

例えば、普段から人が食べているものを与えていると産後は、赤ちゃんのご飯まで食べてしまうなどのトラブルも考えられます。食べずに我慢できたらしっかりとほめてあげましょう。

また、ベビーベッドを用意したり、室内に犬専用の場所(サークルやケージなど)がない場合は用意したりして、出産前からそこにいることに慣らしておくことも必要です。

妊婦と犬の過ごし方のポイント6:接触を避ける

犬が中型犬以上の大きさの場合、抱き上げたり、お腹の上に乗せたりしないようにしましょう。特に妊娠初期は注意が必要です。

また、ドッグランやドッグカフェには不特定多数の犬がやってきます。中には、飼い主のいうことが聞けない犬がいるかもしれません。

例えば小型犬が足元にまとわりついて転倒したり、大型犬がじゃれてふいに飛び掛かられたりする可能性もあります。いろんな可能性を考えて、こういった場に行くのは控えるとよいでしょう。

犬が赤ちゃんに与える影響2つ

次に産後、赤ちゃんが生まれてからのお話です。犬が赤ちゃんに与える影響には、どんなことがあるでしょうか。

赤ちゃんと犬の同居にはよい点もありますが、悪い点もあります。その中でも、犬が赤ちゃんに与える影響を2つ紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

感受性が育ちやすい

人はペットと会話というよりも、主に言葉以外のコミュニケーションで関係性を築くことになるので、感受性が豊かになるでしょう。

そして自分よりも弱いものと生活することで、思いやりの心や慈しみの心を育てます。また、時が来て、その死に際に触れることにより生命について考え、その大切さを知る機会にもなります。これは、おもちゃやゲームではできないリアルで貴重な体験となるでしょう。

噛みつく可能性がある

犬とのふれあいの時間が減り、今まであった愛情が後からやってきた赤ちゃんへ注がれることにより、犬も嫉妬をしてしまう可能性があります。

犬が飛びついて赤ちゃんが倒されたり、噛みつかれたり、犬が寝ている赤ちゃんの上に飛び乗ることもあるでしょう。赤ちゃんと犬が同じ部屋にいるときは絶対に、目を離さないようにしましょう。

可愛い我が子と犬とがうまく共存できるよう、しっかりとしつけし教えることが大切です。

妊婦さんが犬の散歩をするときの注意点2つ

妊娠中はお腹がどんどんと大きくなっていきます。そんな中、犬の世話をするのは大変で、つわりが酷い妊婦さんの場合は尚更、世話が辛くなるでしょう。

特に、毎日散歩に連れて行くことは身体に大きな負担となるでしょう。飼いなれた犬なら、散歩にも慣れているので安心ですが、これから犬を飼うとなるとそうはいきません。

散歩を誰かにお願いできるのが1番ですが、それができない場合の散歩での注意点を紹介します。

ペースダウンする

小型犬や引っ張り癖のない犬であれば、妊娠前と同じように自分でお散歩し続けることができるでしょう。

妊婦さん自身が犬のお散歩に行くために、回数や時間を減らす方法があります。その場合、犬にストレスがかからないよう、急に減らすのではなく徐々に散歩の回数や時間を減らしていくことが大切です。

自分の体調を優先させる

妊娠初期は胎児もまだ不安定な時期です。できるなら散歩も誰かにお願いするようにして、妊婦さんが散歩に連れていくのは止めておきましょう。

安定期に入ったとしても、妊娠前とは体が違います。犬との散歩も出来るだけ一人で行かないように、それが無理なら、なにか体に異変があった時にすぐに助けが呼べるよう、必ず携帯電話を持って出かけましょう。

また、お腹の張りを感じたらすぐに座るなどして休憩しましょう。

出産後の赤ちゃんと犬の対策

赤ちゃん返りややきもちへの対応と同じように、ペットのメンタルケアも大切です。

犬には妊娠中から赤ちゃんが来ることを話してあげて、出産入院中に赤ちゃんが着た肌着などをパパが持ち帰り、においをかがせてあげるのもいいでしょう。

赤ちゃんの授乳やお世話のあとは、犬もかわいがってあげましょう。お世話に加わり育児で忙しくなりますが、散歩などペットのリズムを守ってあげることも大切です。

妊婦さんと犬の過ごし方を知って出産・産後に備えよう!

特に、初めての妊娠や出産は不安なことばかりでしょう。家族の一員である犬と、どうすればうまくつきあえるのでしょうか。

妊娠中だけでなく、今から産後も想定して、犬との暮らしを見直してみましょう。こういう時だからこそ犬との絆を再確認し、お互いの信頼感や愛情の深さを知る事ができるはずです。

妊婦さんの体や心に負担の少ない解決策を見つけ、実践し、犬と素敵な妊娠生活を送ってください。

記事監修

【専門家監修】妊婦さんは犬を飼っても大丈夫?快適に過ごすためのポイント6つ

フリーランス助産師 上原沙希

福岡県にて看護師・助産師の資格を修得。その後は上京し東京女子医科大学病院MFICU、産婦人科クリニック、グループホーム等での経験を積む。
産科領域だけでなくボーダーレスに多くの人の力になりたいという思いを抱き、英語力習得のためヨーロッパ留学とギリシャの難民ボランティアへ。帰国後は関西を拠点に活動中。
現在も産婦人科病院での臨床を続けながら、フリーランス助産師としてコラムニストやセミナー、商品開発など手がけている。
今後は助産師や性教育の知識・食生活アドバイザーの資格を活かして、国籍・年齢・性別関係なくボーダーレスな教育活動に尽力していく。

【取得資格】
・正看護師
・助産師
・食生活アドバイザー
・NCPR Aコース認定
・胎児受胎調節指導員

Article bottom banner pc
RELATED
赤ちゃんのタイプ別性格診断7選!育て方や保護者が意識することとは?
マタニティ婚
2021年11月24日

赤ちゃんのタイプ別性格診断7選!育て方や保護者が意識することとは?

【専門家監修】黄緑色のおりものは異常?考えられる病気や対処法を解説
マタニティ婚
2021年11月25日

【専門家監修】黄緑色のおりものは異常?考えられる病気や対処法を解説

【専門家監修】子宮底長とは?測り方や妊娠週数別の目安についても解説
マタニティ婚
2021年11月25日

【専門家監修】子宮底長とは?測り方や妊娠週数別の目安についても解説

【専門家監修】常位胎盤早期剥離とはなに?原因やなりやすい人の特徴を解説!
マタニティ婚
2021年11月25日

【専門家監修】常位胎盤早期剥離とはなに?原因やなりやすい人の特徴を解説!

【専門家監修】妊娠10週に出血してしまう12個の理由|対処法と予防法も紹介
マタニティ婚
2021年10月27日

【専門家監修】妊娠10週に出血してしまう12個の理由|対処法と予防法も紹介

【専門家監修】つわりと性別は関係がある?妊娠の特徴にまつわるジンクスを紹介
マタニティ婚
2021年10月27日

【専門家監修】つわりと性別は関係がある?妊娠の特徴にまつわるジンクスを紹介

【専門家監修】着床出血の正常な量ってどのくらい?多い場合の原因や対処法も解説
マタニティ婚
2021年09月29日

【専門家監修】着床出血の正常な量ってどのくらい?多い場合の原因や対処法も解説

【専門家監修】排卵後のおりものの3つの変化|妊娠していた場合の違いも解説
マタニティ婚
2021年10月30日

【専門家監修】排卵後のおりものの3つの変化|妊娠していた場合の違いも解説

【専門家監修】妊婦検診で内診を受けるメリット5選|検査内容を紹介
マタニティ婚
2021年10月27日

【専門家監修】妊婦検診で内診を受けるメリット5選|検査内容を紹介

【専門家監修】後期つわりってどんな症状?原因と和らげる対処法を紹介
マタニティ婚
2021年09月29日

【専門家監修】後期つわりってどんな症状?原因と和らげる対処法を紹介

【専門家監修】妊娠後期の腹痛の対処法|リスクとお腹の張りの原因も紹介
マタニティ婚
2021年10月27日

【専門家監修】妊娠後期の腹痛の対処法|リスクとお腹の張りの原因も紹介

【専門家監修】おしるしから陣痛までどのくらいの時間がかかる?対処法や過ごし方を紹介
マタニティ婚
2021年09月29日

【専門家監修】おしるしから陣痛までどのくらいの時間がかかる?対処法や過ごし方を紹介

【専門家監修】臨月は体重が増える?増えてしまう理由や対策を解説
マタニティ婚
2021年09月29日

【専門家監修】臨月は体重が増える?増えてしまう理由や対策を解説

【専門家監修】妊娠中期における腹痛の原因とは?ズキズキなど痛み別の対処法も解説
マタニティ婚
2021年09月29日

【専門家監修】妊娠中期における腹痛の原因とは?ズキズキなど痛み別の対処法も解説

【専門家監修】生理が遅れるときの原因とは?対処方法をご紹介!
マタニティ婚
2021年09月29日

【専門家監修】生理が遅れるときの原因とは?対処方法をご紹介!

【専門家監修】破水か尿漏れかを確認するポイント|冷静に行動しよう!
マタニティ婚
2021年09月29日

【専門家監修】破水か尿漏れかを確認するポイント|冷静に行動しよう!

【専門家監修】妊娠初期の出血の原因や症状8つ|着床出血の特徴とは
マタニティ婚
2021年09月29日

【専門家監修】妊娠初期の出血の原因や症状8つ|着床出血の特徴とは

【専門家監修】生理前おりものの役割や特性8つ|要注意なおりものの特徴5つ
マタニティ婚
2021年09月29日

【専門家監修】生理前おりものの役割や特性8つ|要注意なおりものの特徴5つ

【専門家監修】切迫早産とは?初期症状5選や予防方法について解説
マタニティ婚
2021年09月15日

【専門家監修】切迫早産とは?初期症状5選や予防方法について解説

【専門家監修】妊娠初期の腹痛の特徴や克服法を紹介|注意すべき腹痛5つとは
マタニティ婚
2021年09月29日

【専門家監修】妊娠初期の腹痛の特徴や克服法を紹介|注意すべき腹痛5つとは

Fixed banner pc