【時期別】赤ちゃんが離乳食を食べないときの対策9つ!食べてもらうコツ

初回公開日:2020年09月01日

更新日:2020年08月31日

記載されている内容は2020年09月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

そろそろ離乳食の時期なのに食べようとしてくれないとか、離乳食をいきなり食べなくなったなんてことはないでしょうか。赤ちゃんが離乳食を食べないのは、何かしら原因があります。今回の記事でどうして離乳食を食べないのか、理由や対策方法について把握しましょう。

【時期別】赤ちゃんが離乳食を食べないときの対策9つ!食べてもらうコツ

赤ちゃんが離乳食を食べない原因3つ

そろそろ離乳食ですね、といわれたのになかなか赤ちゃんが離乳食を食べてくれない、そんなことはないでしょうか。しかし赤ちゃんが離乳食を食べないのには、赤ちゃんなりにちゃんと原因や理由があります。

今回の記事では赤ちゃんが離乳食を食べないのはどうしてなのか、原因や対策について紹介しています。

まずはどうして赤ちゃんが離乳食を食べないのか、月齢別の原因について見ていきましょう。

離乳食を食べない原因1:初期

離乳食を開始したばかりの初期に赤ちゃんが離乳食を食べない原因は、初めての離乳食に戸惑っていたり、スプーンを嫌がったり、母乳やミルクでお腹がいっぱいになっていて食べないことが考えられます。

いつも母乳の赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がることがありますが、原因としてはそれと同様です。ミルクで食事を与えられていたのにいきなり離乳食を出されて、スプーンや食べ物自体を嫌がってしまうことが原因でしょう。

離乳食を食べない原因2:中期

離乳食の中期、生後7ヶ月~8ヶ月の赤ちゃんが離乳食を食べない原因は、ちょうど離乳食が柔らかな固形タイプに変わること、食事以外に気を取られるようになることなどがあげられます。

離乳食初期にはペースト状の離乳食でしたが、中期になると柔らかい固形タイプに変わっていきます。赤ちゃんによっては固形を嫌がったり、遊びに夢中になったりすることで離乳食を食べないことがあります。

離乳食を食べない原因3:後期

生後9ヶ月~11ヶ月の後期の赤ちゃんが離乳食を食べない原因は、この頃になると赤ちゃんにも食の好みが生まれること、食べ方にも自分の意思が出てきてしまうことでしょう。

後期になると、赤ちゃんは離乳食を親に食べさせられるのを嫌がったり、特定の食べ物を嫌がったりするようになります。

赤ちゃんに食の好みが生まれ、好きなことと嫌いなことをはっきり認識できるようになり、主張するようになることが原因でしょう。

【時期別】赤ちゃんが離乳食を食べないときの対策9つ

赤ちゃんが離乳食を食べない原因は、月齢によってそれぞれ違います。そのため、離乳食を食べさせるための対策もまた、月齢によって違ってきます。

赤ちゃんが離乳食を食べられるようにどう対策すればよいのか、月齢別に紹介しますので見ていきましょう。

【初期】離乳食を食べないときの対策3つ

離乳食を始めたばかりの初期にとるべき対策は、本当に離乳食を始めてよいのか成長具合を確認する、離乳食を食べやすくする、これまでの環境となるべく同じになるよう心がけるの3つです。

離乳食開始初期は、赤ちゃんはまだまだ母乳やミルクへの比重が大きな時期です。赤ちゃんには食べ物を食べる、という行為自体の経験がないため、なるべく抵抗が少なくなるよう配慮することや適切な時期に開始することが大切でしょう。

離乳食を食べないときの対策1:離乳食開始時期が適切か見直す

離乳食初期の食べない対策1つ目は、そもそも離乳食を始めてよい時期なのかどうかを改めて見直すことです。

離乳食開始時期は、生後5ヶ月~6ヶ月頃とされています。しかし、これはあくまでも目安です。赤ちゃんには個人差があり、成長が早く離乳食を早くから始められる子もいれば、成長が遅く目安の時期では早過ぎる子もいます。

食べ物に興味があるのか、口に入れようとしても嫌がらないかなど赤ちゃんの様子を確認しましょう。

離乳食を食べないときの対策2:できる限りなめらかにすりつぶして飲み込みやすくする

離乳食初期の赤ちゃんはまだ、もぐもぐするという行為ができないことから、できるだけミルクと同じように食べられるよう、離乳食はなめらかにすりつぶしてペースト状にしましょう。

大人でも噛まずに飲み込めるほど、なめらかにすりつぶすのがコツです。ミルクと同じように口をつけて飲め、抵抗なく飲み込めるような離乳食を用意しましょう。

離乳食を食べないときの対策3:ミルクと同じ温度になっているか確認する

離乳食に慣れていない赤ちゃんがなるべく抵抗を感じないように、これまで口にしていたミルクと離乳食が同じ温度になるよう工夫してみましょう。

離乳食の食材が熱すぎたり、冷たすぎたりはしていないでしょうか。赤ちゃんはこれまで、母乳やミルクしか口にしていませんでした。知らない温度では、口に入れるのを嫌がって食べない可能性があります。できるだけミルクと同じ人肌温度にしてみましょう。

【中期】離乳食を食べないときの対策3つ

食べ慣れてきたはずの中期に赤ちゃんが離乳食を食べなくなってしまった場合は、これまでの離乳食と何かを変えなかったか、赤ちゃんが離乳食を食べるときにどう対応しているか見直すことが必要です。

中期の赤ちゃんは、多少は離乳食に慣れています。しかし、赤ちゃんの成長に伴って離乳食の内容を変えていく時期でもあり、場合によっては離乳食を食べなくなってしまうことがあるのです。この時期の対策は3つあります。

離乳食を食べないときの対策1:食べ慣れた食材を選ぶ

赤ちゃんも生後7ヶ月~8ヶ月と大きくなってきたことで食材を増やしたくなる時期ですが、離乳食を食べなくなるようなら、元の食べ慣れた食材を選ぶようにしてみましょう。

ペースト状でなくても食べられるようになってきたことで、色んな食材を食べさせたくなる時期ですが、赤ちゃんはその離乳食に慣れていません。離乳食を食べなくなった頃に食材を変えなかったか、見直してみましょう。

離乳食を食べないときの対策2:片栗粉でとろみをつける

中期になると離乳食がペースト状ではなく柔らかな固形に変化していきますが、まだまだ赤ちゃんにとっては食べづらい場合があるため、片栗粉でとろみをつけて工夫してみましょう。

柔らかいけれど固形の離乳食、というのが中期の特徴です。しかし赤ちゃんによっては固形が食べづらく、離乳食自体を食べなくなってしまうことがあります。片栗粉を使い、とろみをつけて食べやすくしてみましょう。

離乳食を食べないときの対策3:赤ちゃんのペースで食べさせる

ついつい両親のペースで離乳食を食べさせたり、これまでのペースで口に運びがちなのですが、中期の赤ちゃんの離乳食は初期の頃とは変わっていますので、様子を見ながら赤ちゃんのペースで食べさせるようにしましょう。

初期と同じペースで口に運んでは、赤ちゃんの飲み込みが間に合わないことがあります。離乳食が初期から変わり固形になったこと、赤ちゃんがもぐもぐし始めた時期であることから、赤ちゃんのペースに合わせることが大切です。

【後期】離乳食を食べないときの対策3つ

後期の赤ちゃんは離乳食にも好みをもつようになり嫌なものは食べない、食事の仕方が気に入らなければ食べないなど自発的な行動が目立つようになるため、それに合わせて対策をしましょう。

離乳食も後期になると赤ちゃんの好みを意識したり、食事中の環境にも気をつけて、食事しやすいよう整えたりする必要があります。

離乳食を食べないときの対策1:食材の固さをチェックする

後期の赤ちゃんは多少の固さなら噛めるようになっていますが、固すぎると食べづらいため、適度な固さになっているか食材をチェックしてみましょう。

歯がなくても噛める程度の固さ、バナナをはじめとした果物のような柔らかさを目安にするとよいでしょう。

離乳食を食べないときの対策2:手づかみで食べやすいメニューにする

離乳食も後期になると赤ちゃんは自分で食べようとし始めますので、スプーンですくいやすいメニューにしたり、手づかみで食べやすいメニューにするなど工夫してみましょう。

この時期の赤ちゃんは食べるのが下手ですが、親に食べさせられるのを嫌がることがあります。食べやすい食材を選んだり手づかみで食べやすいメニューにしたりして、自発的に食べられるように促しましょう。

離乳食を食べないときの対策3:味を変えてみる

離乳食後期の赤ちゃんは食の好みが出始め、嫌いな食べ物だと食べないという行動をとるようになるため、味を元に戻したり好みの味に変えたりして対策しましょう。

好き嫌いが出てきたとしても、それは赤ちゃんの成長に伴う自然なことです。嫌がっている赤ちゃんに、嫌いな離乳食を無理やり食べさせるのはよくありません。食べてくれないなら、味の方を工夫してみましょう。

離乳食を食べてもらうコツとは?

赤ちゃんに離乳食を食べてもらうには、まず無理やり食べさせたりせず楽しい雰囲気で食事させること、食べなくなったら食材やメニュー、味を食べ慣れたものに戻すとよいでしょう。

食事中はTVや音楽を消して食べることに集中させたり、お腹が空くタイミングを作るために毎日の生活リズムを整えることも大切でしょう。

赤ちゃんのペースに合わせて無理なく離乳食を進めよう

赤ちゃんは離乳食をなかなか食べてくれないということがありますが、あまり焦る必要はありません。母乳やミルクを飲んでいるなら、そちらからも栄養をとれているからです。

離乳食の時期に大切なのは、食事は楽しいことだと赤ちゃんに理解してもらうことであり、無理に食べさせるのはやめましょう。

なかなか食べてくれないかもしれませんが、そんなこともあると心にゆとりをもって、赤ちゃんのペースに合わせて進めていきましょう。

Article bottom banner pc
RELATED
戌の日の安産祈願とは?安産祈願で参拝するときのポイント5つを紹介
マタニティ婚
2020年08月27日

戌の日の安産祈願とは?安産祈願で参拝するときのポイント5つを紹介

布おむつのメリット5つ|布おむつの基本的な使い方や準備3つをご紹介
マタニティ婚
2020年08月22日

布おむつのメリット5つ|布おむつの基本的な使い方や準備3つをご紹介

【ジャンル別】赤ちゃんが泣き止む音9選!音以外で泣き止ませる方法は?
マタニティ婚
2020年08月22日

【ジャンル別】赤ちゃんが泣き止む音9選!音以外で泣き止ませる方法は?

マタニティヨガとは?マタニティヨガのメリット11個とおすすめポーズ
マタニティ婚
2020年08月31日

マタニティヨガとは?マタニティヨガのメリット11個とおすすめポーズ

赤ちゃんのつかまり立ちのポイント6つ|つかまり立ちの練習の方法をご紹介
マタニティ婚
2020年08月22日

赤ちゃんのつかまり立ちのポイント6つ|つかまり立ちの練習の方法をご紹介

生後5ヶ月の赤ちゃんの動きや様子6つ|離乳食の始め方をご紹介!
マタニティ婚
2020年09月01日

生後5ヶ月の赤ちゃんの動きや様子6つ|離乳食の始め方をご紹介!

赤ちゃんの寝返りはいつ始まる?寝返り練習の手順5つをご紹介!
マタニティ婚
2020年08月27日

赤ちゃんの寝返りはいつ始まる?寝返り練習の手順5つをご紹介!

妊婦帯はいつからつける?妊婦帯の種類5つやおすすめ4選をご紹介
マタニティ婚
2020年08月27日

妊婦帯はいつからつける?妊婦帯の種類5つやおすすめ4選をご紹介

赤ちゃんにおすすめのホワイトノイズを使った睡眠アプリ8選|寝かしつける方法
マタニティ婚
2020年08月31日

赤ちゃんにおすすめのホワイトノイズを使った睡眠アプリ8選|寝かしつける方法

新生児のお風呂の入れ方9つのステップ!注意するポイントもご紹介
マタニティ婚
2020年08月31日

新生児のお風呂の入れ方9つのステップ!注意するポイントもご紹介

赤ちゃんの運動神経を良くするための方法6つ!運動神経の発達過程とは
マタニティ婚
2020年08月31日

赤ちゃんの運動神経を良くするための方法6つ!運動神経の発達過程とは

妊娠中に受けられる知っておきたい特典12選|特典を受けるための方法
マタニティ婚
2020年09月01日

妊娠中に受けられる知っておきたい特典12選|特典を受けるための方法

赤ちゃんに使用するタオル枕の作り方2つ!タオル枕を使用するメリット
マタニティ婚
2020年09月01日

赤ちゃんに使用するタオル枕の作り方2つ!タオル枕を使用するメリット

妊婦が旅行するときに持っていきたい持ち物10選|旅行先の選び方を解説
マタニティ婚
2020年08月31日

妊婦が旅行するときに持っていきたい持ち物10選|旅行先の選び方を解説

新生児期の赤ちゃんのレム睡眠サイクルについて解説!月齢別の睡眠の仕方5つ
マタニティ婚
2020年08月27日

新生児期の赤ちゃんのレム睡眠サイクルについて解説!月齢別の睡眠の仕方5つ

赤ちゃんをお風呂に入れる時間帯は?ポイント2つと時間帯を決めるコツ3つ
マタニティ婚
2020年08月27日

赤ちゃんをお風呂に入れる時間帯は?ポイント2つと時間帯を決めるコツ3つ

赤ちゃんのスプーン練習はいつから?3つの目安と練習方法4つを紹介
マタニティ婚
2020年08月27日

赤ちゃんのスプーン練習はいつから?3つの目安と練習方法4つを紹介

赤ちゃんと自転車に乗れるのはいつから?抱っこ紐など注意したい5つのポイント
マタニティ婚
2020年08月27日

赤ちゃんと自転車に乗れるのはいつから?抱っこ紐など注意したい5つのポイント

【年齢別】幼児の成長段階を解説!1歳~2歳の幼児の4つの成長段階は?
マタニティ婚
2020年08月31日

【年齢別】幼児の成長段階を解説!1歳~2歳の幼児の4つの成長段階は?

新生児の授乳時間と間隔の目安とは?授乳するときのコツを10選紹介!
マタニティ婚
2020年08月20日

新生児の授乳時間と間隔の目安とは?授乳するときのコツを10選紹介!

Fixed banner pc